黒石よされ

黒石よされとは

起源は、山岳宗教が盛んであった500年から600年前で

盆踊りの時の男女の恋の掛け合い唄であったといわれています

黒石の盆踊りが盛んになったのは、天明の頃(約200年前)

境形右衛門(さかいぎょうえもん)という家老がいて、付近の農村から城下町に人を集める

商工振興対策として力を入れてからだといわれています

そして、幕末の頃黒石の盆踊りは「分銅組若者日記」によると

「つつみ・太鼓・三味線その数知らず」とあり、その盛況さがうかがわれます

現在黒石よされは、日本三大流し踊りの一つといわれ、

市街地を中心に約3千人余の踊り子たちが流し踊り、

乱舞を繰り広げております

黒石よされホームページ

https://kuroishi.or.jp/event/summer/kuroishiyosare(外部サイト)

黒石よされにまつわるお店

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します
古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください
0 お買い物カート
フリップ商品/アイテムをカートに入れる フリップされた商品/アイテム